新着情報

  • HOME>
  • 新着情報
2018/12/25
安心R住宅について
安心R住宅について

当社はクリニック開業・医院開業される先生の為に、最良のご開業場所と建物をご提案できるように、宅地建物取引業者として免許を取得しております。

宅地建物取引業者の免許を取得していると、既に医院開業されたユーザー様の先生から、ご自宅の購入や販売に関してご相談を受けるケースが増えました。

住宅の売買に関して市場を見てみると、新築に比べて既存住宅(中古物件)の取引数が勢い良く伸びております。
ご存知の通り既存住宅のメリットは新築に比べてコストが抑えられる点が挙げられます。デメリットとしては、何か欠陥が無いか、建築的にどこか劣化していないか、安全面が心配といった内容があがると思われます。

このような不安を解消できるよう、安心R住宅は既存住宅を安心して選ぶ手助けとなる内容が含まれています。平成29年11月6日、国土交通省から告示され、平成30年(2018年)4月1日から使用が開始された制度です。

既存住宅の流通促進には、全国的な視点から見ても、以下のようなメリットが期待されます。

・空き家の増加による外部不経済の防止
・都市部の新築住宅地の不足解消
・住宅のスクラップ・アンド・ビルドによる二酸化炭素発生の抑制
・新築後20数年で住宅価格がほぼゼロに評価される国民経済負担の軽減

既存住宅の「不安」「汚い」「品質がわからない」というマイナスイメージを払拭して
「住みたい」「買いたい」思える既存住宅を選択できるように、国が認めた所定の研修テストを終了した事業者団体が標章使用を許諾することで、優良な既存住宅を差別化し、安心安全に購入できることを目的として創設されました。
当社もこちら所定の研修を修了してございます。

「R」はリユース(Reuse・再利用)、リフォーム(Reform・改装)・リノベーション(Renovation・改修)の頭文字をとったもの。

安心R住宅の標章を使用するには、    
新耐震基準を満たす住宅であること
既存住宅売買瑕疵保険の現場検査に適合した住宅であること
リフォーム済か、リフォーム提案書がある住宅であること
対象住宅に関する情報の保存状況がわかること等、厳しい要件を設定する事で、既存住宅を選ぶ際の安心につなげています。

既存住宅を選ぶ時には、是非知っていた方がお得な情報かと思われます。
安心R住宅について
pagetop