新着情報

  • HOME>
  • 新着情報
2019/09/11
クリニックでのトラブル防止対策として、防犯カメラと集音マイクの利用法について
クリニックでのトラブル防止対策として、防犯カメラと集音マイクの利用法について

クリニック開業・医院開業されてから、患者さんが増えてくると
ある一定の割合で、クレーマー気質の方も現れてくることがございます。
例えクリニック側に一切落ち度が無くても、受付でごねられたり、大声でクレームを叫んだりされると
他の患者さんからクリニックのイメージも損なわれかねません。

クレームを全くゼロ%にする対策はありませんが、少しの工夫でかなりのリスクが軽減できます。

クレームの一つに、所謂「言った、言わない」状態になると証明する手立てがなく
只々、お互いの主張を繰り返しヒートアップして、無駄に時間だけが過ぎていくケースがございます。
そこで、内装に違和感を与えないようにさりげないレイアウトで、受付や診察室に防犯カメラと集音マイクを設置する方法がございます。

例えば、受付でまだ支払をしていないのに、一万円出しているからおつりを渡すよう要求をしてきたり。
診療で明確な説明をしたのに、聞いていないと主張されたり
説明に対して、同意したのに同意していない等、様々なトラブルが考えられます。
これらの状況を客観的に映像と音声で証明できれば、かなりの確率でトラブルの絶対量を減らせるでしょう。

一度設置すると、日ごろの手間も殆どなく、自動的に映像と音声を録画録音。
ハードディスクに保存して古いデータから上書きしてご利用できます。

弊社在籍の防犯設備士が、先生のご要望に合わせたご提案が可能でございます。
クリニック開業・医院開業される先生は、お気軽にご相談下さい。
クリニックでのトラブル防止対策として、防犯カメラと集音マイクの利用法について
pagetop