新着情報

  • HOME>
  • 新着情報
2018/11/21
UR都市機構 医療用物件
UR都市機構 医療用物件

UR都市機構とは、昔の日本住宅公団で、都市基盤再生事業等も行っております。
旧「公団住宅」が、現在は「UR賃貸住宅」を運営している組織となります。

こちらのUR都市機構の医療用物件は、市場価格と比べてもお得なケースが多く
ホームページから、事業用地を探す→用途→医療向け施設用地、を選択すると該当する案件がヒットします。

例えば公募時期が平成31年度以降となりますが、横浜市の「みなとみらい21中央」等、注目の物件が出ています。

また貸店舗等から、医療・クリニック向け施設を選択すると、クリニック開業・医院開業の時にお得な医療クリニック向け施設の貸店舗が見つかるかもしれません。



医院開業コンサルタントをお探しならこちら!
UR都市機構 医療用物件
2018/11/19
待合室にあったら嬉しいもの
待合室にあったら嬉しいもの

診療科目や医院の環境によって、合うものと合わないもの取捨選択は必要となりますが
待合室にあったら嬉しいものは何か、患者さんに聞いたアンケートが参考になりそうなので、まとめてみました。
スタッフさんの手書きの自己紹介展示等は、親近感と暖かい印象を与えますし、実際に展示していると結構な確率で見ているようです。
アンケートにも出ている珍しい雑誌は、必ずしも最新である必要はないので、古本屋で安く探してきても良いでしょう。


マッサージチェアー
wifi
インターネットができるパソコン
DS(脳トレ等)
テレビ・DVDプレーヤー(子供向けアニメ、映画、ドラマ)
折り紙
知恵の輪
ウォーターサーバー
お茶・コーヒー・紅茶(ホット・アイス)
スタッフの自己紹介の展示
ルービックキューブ
数独
クロスワード
推理小説
珍しい雑誌・漫画
新聞
ティッシュと使い捨てマスク
書き物ができるテーブル
手作りの院内新聞 等。



クリニック開業・医院開業のことなら、当社にご相談下さい。
待合室にあったら嬉しいもの
2018/11/12
展示会のご案内
展示会のご案内

当社では宅地建物取引の免許を取得している事から、
お客様である院長先生から不動産のご相談も良く受けます。
不動産も含めて、資産運用の話題が出る場面も多いので
今回ご紹介する展示会は、資産運用に関する内容となります。

♦資産運用EXPO

2019年1月24日(木曜)から26日(土曜) 東京ビックサイトにて

四つのフェアで構成

①不動産資産フェア
・賃貸住宅
・海外不動産
・トランクルーム
・コインランドリー等

②家計の見直しフェア
・保険
・ローン
・クレジットカード等

③現物資産フェア
・金
・骨董品等

④金融資産フェア
・投資信託
・ETF
・REIT
・FX/CFD等

こちらの展示会のメリットは、漠然と資産運用に興味があっても何が良いのか分からない場合等
期間中、東京ビッグサイトに足を運ぶだけで、幅広いジャンルから参考に提案を聞く事ができます。

ただし、ご注意して頂きたいのは、高額な内容が多いので、一社の良い話のみ参考にすることなく
多くの関係者から意見を求めて、リスクやデメリットも充分ご理解したうえで慎重にご検討下さい。
契約書関係は、一旦持ち帰ってゆっくり考えてから取り交わすなど、冷静にご対応しましょう。



クリニック開業・医院開業のことなら当社にご相談ください。
展示会のご案内
2018/11/05
医療スタッフ・人材の派遣と職業紹介について
医療スタッフ・人材の派遣と職業紹介について

労働者派遣法において、病院等における医療関係業務等の医師、歯科医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、臨床検査技師、
等の医療従事者の業務について原則、派遣が禁止されています。

ただし、「紹介予定派遣」「僻地への派遣」や、
産休や育休などによって欠員が出ている場合の「産前産後休業、育児休業、介護休業の代替派遣」であれば、例外的に許可されていると言いわれております。

他にも、身体障害者療護施設や特別養護老人ホームなど福祉施設内に設けられている診療所では
医師や看護師が派遣として勤務する事を許可されているようです。

上記の様な一部の例外を除いて、医療従事者の業務について原則、派遣が禁止されている為、職業紹介を利用するケースが多いです。

職業紹介で医師の職業斡旋を行なった場合、斡旋業者の手数料は概ね年収の20%位が相場のようです。

また、医療事務は、労働者派遣法における医療従事者の業務にあたらないようで
医療事務のお仕事は派遣でも就くことが可能となります。


クリニック開業・医院開業に、医療スタッフ・人材の問題は常に関係してきます。
まずは大枠のしくみを理解すると良いでしょう。
医療スタッフ・人材の派遣と職業紹介について
2018/11/02
患者さんはどの様に医院を選んでいるのか
新患を増やしたい、リピート率を上げたい、日頃から多くの先生がお考えの事と思われます。
では、患者さんはどの様に医院を選んでいるのでしょうか。
既存の医院様も、これから新規でクリニック開業・医院開業をご検討されている先生にとっても
今後の方針を決めるうえで、非常に重要な内容となります。


医療機関を選ぶ時、大きく分けると、近さの利便性・専門性の高さ・口コミの評判があげられます。

誰しも職場や家からの近さは重視する点となります。
医院開業を検討される時も、その地域の昼と夜の年代別人口を参考にする重要性もここからきています。


専門性は、やはり医院のホームページを参考にされます。
昨今では、ご高齢の患者さんもホームページを参考に見る利用率が上がっており
若い世代に限らず、年代を問わず当り前の行動になっております。
今やホームページの無い医院さんは信頼されにくく、またホームページの貧弱な医院さんも厳しい状況となっています。

口コミは、身近な人からの内容が信頼されます。
ネット上の顔の見えない人からの口コミより、説得力がある為でしょう。
また身近な人の口コミの発信源は、女性である事が多いです。

では、口コミにつながるような、特に女性の印象に良い形で残るポイントは何でしょうか。
基本こそ極意、当たり前の事も多いですが、何点か例をあげます。


・院長がスタッフに尊敬されていて、院長もスタッフを大切にしている。
    
・医師が患者を見下ろしている事無く、患者の目線・立場で医療を行っているか。

・他の医療機関とうまく連携がとれているか。

・対応が丁寧であるか。
     
・スタッフ同士で、挨拶や雰囲気が良いか。

・治療の説明や指導がしっかりしているか。
    
・情報公開を積極的に行っているか。

・清潔感があるか。

人も施設も初めの印象が大切なので、特に医院に入ってすぐの清潔感は重要。
スリッパが殺菌機に収納されていたり、明るい印象を受ける照明にも気を使いましょう。

また五感を刺激する事は印象に残り、口コミの話題に上がりやすい。
アロマやウォーターサーバー、整形外科であれば、理学療法機のウォーターベッド等は具合が良く
口コミの評判に直結しやすいようです。

まずは口コミにつながるよう日々の行動を、院長とスタッフが一丸となって意識を共有することが大切で
日常的に改善意識を持って、お互いに意見交換すると良いでしょう。
患者さんはどの様に医院を選んでいるのか
pagetop