新着情報

  • HOME>
  • 新着情報
2019/07/16
GAFA(ガーファ)とは
GAFA(ガーファ)とは

IT産業の発展は著しく、世界の長者番付の上位には常にIT関連企業のCEOが名を連ねています。

IT系の代表的な企業として、GAFA(ガーファ)と企業群の総称として呼ばれる事があります。

既にご存知の方も多いと思われますが、改めまして

GAFAは、「 Google 」「Apple」「 Facebook 」「Amazon」の頭文字を集めた呼称です。

Googleの創業者は、ラリー・ペイジ
(GoogleはYouTubeも買収した事で話題になりました)

Appleの創業者は、ご存知、スティーブ・ジョブズ
(実は、映画「トイストーリー」をヒットさせた立役者でもあります)

Facebook  創業者は映画にもなりました。マーク・ザッカーバーグ 
(Facebookは、元々遊び心で、大学のミスコンの採点を共有するシステムをベースに構築されたところがユニークですね)

Amazonの創業者は、ジェフ・ベゾフ
(Amazonは初め書籍のネット販売から始めました。
ワンクリック注文のシステムも開発して特許も取っています)

このようにこれからも影響力を増していくITですが
医院がITの分野で、社会とつながる窓口としては、ホームページの役割が大きいでしょう。

今は外出先からでもすぐに、スマホで評判の良い医院を検索できる時代です。
そのため「近いから行く」という患者さんは少なくなってきました。

来院前に医療機関のホームページを見る割合は初診時で約50%、再診時で約30%と言われております。

ですから医院にはホームページがどうしても必要になってきています。

勿論、単純にホームページさえあれば良いというわけではありません。

例えば、スマホ対応していなかったり、毎月のアクセス数を把握していなかったり、
情報の更新を2ヶ月以上していない、 写真掲載が少ない、作成して5年以上経過している等であれば
ホームページの宣伝効果が効果的に発揮されていない可能性が高いでしょう。

情報を常に更新して、「どのような強みを医院が持っているのか」を、わかりやすく伝えることが大切です。

ただし、医療機関の広告は法律上細かいルールがある為
厚生労働省の「医療広告ガイドライン」を守る事が必要です。

クリニック開業・医院開業時は、特にホームページが重要な役目を担います。

弊社でも、医院開業される先生の要望にお応えするホームページをご提案しております。

是非、お問い合わせ下さい。
GAFA(ガーファ)とは
pagetop