新着情報

  • HOME>
  • 新着情報
2020/03/12
クリニック開業時の接遇講習
新たにクリニック開業をされる場合、初めて来院される患者様との接遇は特に気を配りたいものです。

弊社グランデュールでは、クリニック開業時に、院長先生とスタッフ様への接遇講習も対応しております。

今までの講習内容に加えて、更に内容の濃い接遇講習を実施できるように、

弊社の社員が、元キャビンアテンダントのプロの接遇講師の元で、勉強会に参加して参りました。

詳しい内容全ては書ききれませんが、今まで以上に質の高い接遇講習をご提供できることと思います。


人の第一印象は、視覚では0.6秒で55%が決まるとも言われております。

笑顔を作る練習は、口角をあげて、「ウイスキー」とのばして発したときの表情が理想と言われております。

聴覚では、話す声のトーン、大きさ、抑揚、間の取り方で38%決まるそうです。

機械的な挨拶だけでなく、相手の方に合わせた一言を添えると、心に響くものです。


「あいさつ」の文字を頭に
あかるく
いつも
さきに
つづける

を意識すると良いでしょう。

当たり前の接客基本挨拶を大切に見直しましょう。

お帰りの際には、お気を付けて、を一言添えると、意識が行動に影響を与えている事でしょうか

実際に統計を調べると事故の発生率が減っているそうです。


患者さんの不満の多くを細分化してみると、待ち時間の長さや不明確さはよく知られている所ですが

スタッフさん同士で、大声で会話している事を聞く事も意外と大きなストレスにつながっているようです。

また、忙しいを見せない事もプロとして大切なところのです。


電話対応の場面においては、ハードクレームの80%が、正しく内容を聞かされていない事に対してだと言われております。

常に分かりやすい説明を意識しましょう。

特に電話での声のトーンは、話の内容より印象に残りやすいので気を付けましょう。

以上、一部ポイントをご紹介致しました。

これからクリニック開業される先生に、少しでも弊社がお役にたてれば幸いでございます。

弊社グランデュールに何なりとご相談ください。
クリニック開業時の接遇講習
pagetop