新着情報

  • HOME>
  • 新着情報
2019/06/24
医院開業時の看板広告の種類について
医院開業時の看板広告の種類について

医院開業前にご利用されますポスティングや看板広告には、色々な種類があります。
どんな内容をどの層にPRしたいのか、費用対効果を見極めて取捨選択する事が大切になります。

例えば駅看板を例にあげますと
ホームで待っている時に目にする看板や、ホームまでの出入りする階段を昇降するところに掲示する看板もあります。
また、駅構内にある近隣地図の周りに医療機関など準公共施設を入れた看板もあり、ホーム側の看板と別会社が窓口をしています。

電柱看板もNTTと東電と別の会社で、それぞれの別々の電柱看板を管理しています。
車両の一方通行がある道路では、電柱看板を車に向けてPRしたいのか、歩行者に向けてPRしたいかによって表現が変わる為、注意が必要です。

野立て看板は、場所によって効果が極端に違ってきます。
昼と夜、人の流れを見て参考にすると良いでしょう。


バスも社内の中刷り広告だけではなく、アナウンス広告といった音声による広告もあります。
診療される患者さんのターゲット層が、どの交通機関を利用してしいるのか、流れを良く分析されると良いでしょう。

ポスティングにも、新聞の折り込みチラシや、新聞に折り込まずポストに投函するポスティング
郵便局から郵便物として投函するDM等、いくつかの種類がございます。
マンションによっては、ポスティングを禁止している建物のある為、
通常のポスティングよりは、郵便物のDMとして送る方が、ターゲット先のお手元に届く確率は高くなります。

広告の効果としては、ホームページが大切である事に間違いありません。
ポイントと致しまして、スマートホンを利用して診療所を検索する事が増えている為
スマートホンで見やすいホームページを用意する事は極めて重要となります。

まずどの層にPRしたいのか検討して、どの様な媒体が、どのくらいのコストで利用できるか情報を集めて
投下するコストを最大限効果が発揮できるように考えましょう。

当社でも、各広告会社の利用法や、ホームページのアドバイスとご提案をしております。
是非お気軽にご相談下さい。
医院開業時の看板広告の種類について
pagetop