新着情報

  • HOME>
  • 新着情報
2018/08/20
開業時の近隣のご挨拶について
開業時の近隣へのご挨拶についてご紹介します。

開業の2か月前から1か月前を目途に、近隣のご挨拶に伺うと良いでしょう。

診療科目にもよりますが、一般的な挨拶先としては、
医師会、連携先、近隣の医療機関(ドクター)、介護施設・福祉施設、地域の老人会、テナントのオーナー、保健所、学校、PTA、商店会、自治会役員の代表の方など。
近隣の競合医療機関への挨拶は、奥様と同伴が良いでしょう。

事前に名刺や医院のパンフレットやチラシなど用意しましょう。
ちょっとした手土産には、菓子折りやタオルが無難です。

院長が直接訪ねて行くことが印象に残り、好感が持たれます。

また、クリニック開業・医院開業後に自治会催物への参加や自治会役員として参加することは、近所付き合いを通して「口コミ」のきっかけにもなります。
院長が多忙であれば、祭礼の際のお酒の差し入れや、運動会・ゲートボール大会のトロフィーや景品の提供なども有効です。



開業時の近隣のご挨拶について
pagetop