新着情報

  • HOME>
  • 新着情報
2018/08/07
医院の防犯、自己防衛について その②
前回に引き続きまして、防犯設備士の知識から
医院だけでなく、ご自宅の防犯にも共通して利用できる防犯のポイントをご紹介します。

防犯上、泥棒が嫌がる4つのポイント

■①「時間」

空き巣の犯行は、5分で侵入できないと7割があきらめると言われています。

いかに侵入しにくく時間をかけさせるかが大切です。
また、時間がかかりそうに建物を守っている姿勢を伝える事で、心理的な抑止力にもつながります。

鍵が複数あることで侵入に時間がかかるので、ダブル、トリプルロックは有効
雨戸やシャッターを閉めることも防犯効果があります。

■②「音」

センサー等で警戒音が鳴るのを嫌がります。
ご自宅であれば、昔からの方法で犬などを飼っていると侵入者に吠えてくれて効果があります。
「猛犬注意」のステッカーも心理的な効果があります。
隣の建物の間などの死角に、踏み歩くと大きな足音がなる「防犯砂利」などを敷く対策も有効です。
1,000円ほどから販売されております。


■③「光」

医院・家と家の間や物陰、駐車場や玄関先、泥棒が身を潜めやすい場所にセンサーライトなどが付いていると、周囲から発見されやすくなり、泥棒は嫌がります。

■④「人の目」
中の様子が周囲から全く見えない高い壁や植栽は侵入しにくいというメリットの反面、1度中に入られてしまうと、外から全く見えなくなってしまいます。
そうなると、泥棒は時間をかけて侵入することが出来てしまうため、防犯上デメリットに。
ある程度の見通しを確保したほうが良いでしょう。


■その他
・2階から侵入する泥棒も多いです。必ず戸締りをしましょう。
・医院・家の周囲の塀・樹木・自転車、エアコンの室外機は泥棒の足場になってしまう場合も。
 室外機の上に植木鉢を置くなどして、スキを見せないようにしましょう。
・泥棒は事前に家の状況をチェックしにくることがい多くあります。
 ポストの郵便物、洗濯物の干しっぱなしや庭の手入れなどを見て、防犯状況を推測します。スキを見せないように日ごろから防犯に対する意識をしましょう。


クリニック開業・医院開業のことなら、当社にご相談下さい。
医院の防犯、自己防衛について その②
pagetop