新着情報

  • HOME>
  • 新着情報
2018/08/06
医院の防犯、自己防衛について その①
今回は当社の防犯設備士から、医院の防犯、自己防衛についてご案内します。

医療機関は、麻酔・薬品・高額な医療機器やパソコン・患者さんの個人情報等
常に犯罪者に狙われる可能性があります。

近年では、個人情報の入ったパソコンが盗まれる被害が多発しています。
被害に遭うと病院にとって信用失墜などダメージは多大です。

医療機関の自己防衛策として、効果的な場所に映像監視用の防犯カメラを設置する工夫も有効です。

患者さんのカルテなどの個人情報が保管されている事務室
診療時間内の患者状況を確認できると共に、夜間の監視を行う為に待合室
麻酔に使用する薬剤を保管している、保管場所
玄関や職員通用口・廊下などの人の動き
歯科医院などには高価な義歯などの保管や加工機器などの設備があるため、技巧室
駐車場のいたずら監視 
モンスター患者(モンスターペイシェント)対策で受付 等

自宅と医院が離れている場合でも、インターネット網を活用して医院の状況を確認できるシステムが存在します。
夜間は動体感知機能がついていて、異常信号を院長のスマホに送信するシステムも自己防衛の手段のひとつです。




クリニック開業・医院開業のことなら、当社にご相談下さい。
医院の防犯、自己防衛について その①
pagetop