新着情報

  • HOME>
  • 新着情報
2018/06/18
顔の見えるサービス
クリニック開業・医院開業時には、度々チラシや、パンフレット、ホームページなどで、
医院長先生の顔を撮らせていただくことがあります。

その時に、シャイな院長先生や、あまり表に出たがらない先生は、

「いや、顔写真は載せないでください。」

と言われることがあります。

無理にとは言いませんが、私はできることなら
顔は載せたほうが良いと思います。

今や、スーパーなどに行っても、
生産者の「顔が見える」パッケージなどを用いた野菜などがたくさんあります。

やっぱり顔が見えるって安心なんです。

同じぐらいの距離に院長の顔が載せてあるホームページと
載せてないホームページがあったとき
載せてあるホームページに足が向いてしまうこともあるかもしれません。

やむを得ない場合はイラストなどでもよいかもしれませんが、
院長先生の雰囲気がわかるものを用意したほうがよいでしょう。
顔の見えるサービス
pagetop